貫通枠(スリーブ)制作

貫通枠

貫通枠スリーブなどと一言で言いましても現場ごと、お取引先様で仕様が違います。サイズ、形状もまちまちで毎回、図面を見ながらのフルオーダーメイドとなります。材料の切り出しから溶接、錆び止め塗装、或いはメッキ加工を施します。メッキ加工を施す際には、素材の伸び率などの変化を考慮して制作しております。
作業は分担制で効率化を重視した一貫内製作業を基本に制作を行います。

貫通枠制作過程

スプレーガン

塗装におきましては、気温、湿度、乾燥時間を考慮した配合で作業し、出荷に備えています。貫通枠は、床などに埋め込まれるものですが、寸法から仕上げ、現場での作業のしやすさなど徹底した顧客目線にたって板金制作をおこなっています。

ダクト制作

ダクト制作

あらゆるシーンに必要となるダクト。一般空調、換気、排煙ダクト工事はもちろんのこと、工場の排気装置、飲食店の排気フードをお客様のご要望にお応えできるダクトを制作致します。図面がない、どうしたらいいかわからない等、ダクト制作に関するご質問、お気軽にご相談ください。

亜鉛鋼板をプラズマ切断機で切断、ハゼ折り、組立現場に合わせたダクト製作が可能です。

チャンネル・ガセット・アングル制作

銅材には様々な種類がございます。
チャンネル鋼(溝形鋼)には、コの字型をした鋼材は2種類ありますが、肉厚のあるしっかりとした鋼材、もう一方は鋼板を曲げた軽ミゾ形鋼と呼ばれるものでこちらは別物。機械用、建築用と使用幅が広い鋼材です。

ジョイスト鋼 (アイビーム・ジョストン)は、I (アイ)型をしたこの鋼材はレール鋼にも似た要素があります。左右両端の肉厚は中心のリブ(tに当る部分)に向かう程厚くなり、耐荷重性がつけられています。H鋼とよく比較される事がありますが荷重優先での検討で選ばれますが、1kg当りの単価はH鋼より高いのでコスト面で注意が必要です。

エッチ鋼は、切断した面を見るとH型をした鋼材名はその名の通り。肉厚は I(アイ)形鋼とは違い均一でフラットです。大きな建築物(マンション、ビル等)の地面基礎土台より建つ縦柱と左右の振れを支える横梁として使用される鋼材です。

アングル鋼(等辺山形鋼)は、建築や什器、機械のフレームとオールマイティーに使用できる鋼材です。サイズに種類があり、黒材の他にサビ止め塗装(カラー)、亜鉛メッキと選択肢が広い便利な鋼材です。

ガセットは、あらゆる建築物や造形物に使用されるプレート(自動車などはボックス状が多い)です。鋼板部材の接続する箇所に補強部品として用いる板材で、フレームなどには数多く用いられています。ジョイント部分は応力が高いのでガセットを3角形または台形形状にして応力を分散させています。サイズ、厚み、メッキなど、お客様のニーズに合わせた制作が可能ですので、お気軽にお問合せください。

ガセット

アングル

アングル塗装品

チャンネル材料

主なサービス内容

株式会社 同電工では、多岐に渡ってサービスを展開しております。

  • プルボックス、ワイヤリングダクト各種架台
  • 引込み用ツバ付パイプ床、壁、貫通枠、スリーブ
  • H鋼、溝型鋼、アングル各種加工
  • 溶接亜鉛メッキ、スーパーダイマステンレス製品
  • 板金制作全般、焼き付け塗装、吹付塗装

お気軽にお問い合わせください。049-258-1075受付時間 8:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら 24時間メール受付しております。